2020年01月15日

今年初めての取材に行って来ました。

さて最近は教科書、参考書資料に向けての撮影に奔走しています。(笑)
今回は富士山誕生のエピソードや噴火の様相を撮影して来ました。

本当は他に日原鍾乳洞の撮影もしたかったのですが台風19号の影響で道が寸断されており諦めました。

_O7A1833.jpg2のコピー.jpg_O7A1961.jpg2のコピー.jpg

最初は有名な鳴沢氷結ですね。初めて行きました。
過去の写真を見ると氷柱があったのですが近年の地球温暖化で、ほぼ溶けてしまったそうです。
5年前と景観は随分変わってしまい元には戻らないそうです。

_O7A2019.jpg2のコピー.jpg_O7A2093.jpg2のコピー.jpg
_O7A2135.jpg2のコピー.jpg

次は隣にあります富岳風穴ですね。ここは溶岩が印象的で光る苔もありました。

夕方、遅くなりギリギリまでいましたが撤収しました。

翌日は山中湖の方へ出向きました。

_O7A2253.jpg2のコピー.jpg_O7A2352.jpg2のコピー.jpg_O7A2453.jpg2のコピー.jpg_O7A2483.jpg2のコピー.jpg

ここ夏は花が咲いて賑やかな公園の施設の敷地内で撮影しました。
ここも富士山の噴火による溶岩で形成された場所です。
結構、穴場的で気に入りました。狭いところでそれほど多く見るところは無いのですが2時間以上滞在していました。

さて次回は近場を集中的に撮影する予定です。


Canon5DMarkW
EF24-70mm F2.8L II USM 
EF16-35mm F4L IS USM
posted by シロスケ at 21:41| Comment(0) | ロケ地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。