2019年04月28日

EOS 5DMarkWとEOS RPの違いについて

かねてより5DMarkWの絵作りに不満があり5DMarkVより色乗りが薄く空の青さが出ずに不満がありました。
EOS RPは旧モデルの色合いに戻ったという話も小耳に挟んでいて6Dの評判が良くEOS RPのセンサーは6DMarkUと同じともっぱらの噂でしたので期待していました。

現像ソフトはSILKYPIXを愛用しているのですが5DMarkWのプロファイル(シルキーピックスではテイストと呼ぶ)をEOS RPに貼り付けると全く別な色合いになってしまうことが判明しました。

_O7A3026.jpg5のコピー.jpg

まずこちら5DMarkWで撮影したものです。青空は綺麗に写っています。
撮影した時間は午後12時30分頃です。光はトップライトですので光の色温度は差ほど影響していない時間帯です。

_MG_2068.jpg2のコピー.jpg

次がRPで撮影したものに先ほど5DMarkWで撮影したプロファイルを載せたものです。
全く雰囲気は違います。撮影した時間帯も20分遅れでしたが色温度にそれほど影響を与えてはいないと思います。

他の画像でも色々試してみましたが、これはRPは5DMarkWより色合いが濃く全体的にアンバーが強く空の色合いも濃く出せるようです。
どちらが正常とかではなく絵造りがまるで違うカメラなんだと認識しています。
posted by シロスケ at 19:56| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。