2019年03月24日

新しく購入したEOS RPのテスト撮影に行って来ました。

先日、FUJIFIRUMのXT-2で撮影したばかりですが、この度フルサイズのEOS RPを購入したのでテスト撮影に行って来ました。

やはりフルサイズの方がグラデーションが綺麗なのではないかと思い購入に踏み切った訳です。

_MG_9649.JPG2のコピー.jpg_MG_9811.JPG2のコピー.jpg_MG_9949.JPG2のコピー.jpg

残念ながらSILKYPIXは未だサポーとされていないためDPPでの現像です。なので使い方等、よく分からず基準が統一出来ないので何とも言えませんが実力はありますね。

ノイズも少なく感じましたが結構ノイズ除去がきつい感じです。部分的にボケています。
SILKYPIXなどサードパーティー製現像ソフトは今までの経験がないと処理は難しいですね。
臨場感はありますが建物の上すぼみを是正出来ないのがDPPの欠点ですね。
今回EF16-35mm f4.0L IS USMをコントロールリングアダプターを使い撮影しています。

次回は晴れた昼間に撮影したいところです。

_MG_9649.jpg8のコピー.jpg

こちらはSILKYPIXを使い建物の歪みを補正したものです。どちらが好みでしょうか。(笑)

CANON EOS RP
EF16-35mm F4L IS USM (コントロールリングアダプタ使用)

posted by シロスケ at 22:52| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。