2020年09月26日

群馬県、富岡製糸場メインの撮影に行って来ました。

富岡製糸場は2017年に父が他界し母を元気付けるために四万温泉と一緒に訪れています。
今回は最近力を入れている学校教科書資料関係で需要があるのではというアドバイスを基に訪問しました。

さて土曜日の夜から出かける予定でしたが車の調子が悪くディーラーで点検を受けましたが時間が掛かってしまい出掛けられませんでした。
しかも極度の睡眠不足もあり延期しました。修理代の見積もりは50万円と一瞬、買い替えも検討する騒ぎになりました。(苦笑)

翌、日曜日の夜に出ましたが翌日は大渋滞の様子です。本当は日原鍾乳洞に寄ってからと思いましたが寝不足で取りやめにしましたが相当な混み具合だったようで行かなくて正解でした!!


さて甘楽PAまで行き一泊します。PAの手前までは大渋滞の様子です。ここまで来ておいて正解でした。

_MG_8182.jpg400のコピー.jpg

最初色々展示されているものを撮りましたが量が多いので、ここでは割愛します。
皆さんが撮る代表的なところを撮影。
最初、一脚での撮影でしたがかなり暗く三脚で撮影し直ししました。

_MG_8513.jpg400のコピー.jpg

午前中、雲が多く表玄関の撮影は出来ませんでした。
中に入って晴れてきたところの施設の写真です。寄宿舎となっていますが誰も撮ったことがない場所で使われないでしょうね。。

_MG_8585のコピー.jpg_MG_9034のコピー.jpg

ここも繰糸場です。ここも多く撮られていますね。

_MG_8729のコピー.jpg_MG_8744のコピー.jpg_MG_8764のコピー.jpg_MG_8775.jpg400のコピー.jpg_MG_8829.jpg400のコピー.jpg_MG_8849のコピー.jpg


ここは2020年10月公開の西置繭所の2Fです。本邦初公開となります。


_MG_8933.jpg400のコピー.jpg

ここは鉄水溜というところです。こういう煙突があるレトロな昭和の時代の風景が好きですね。

さて11時から15時まで4時間も撮影していて大急ぎで四万温泉まで向かいます。

途中再び四万甌穴に寄りました。
暗くなってからでないと人が掃けないので寄りました。


_O7A0096のコピー.jpg

他でも夜景の撮影をしましたが遅くなってしまい撮影はしましたが割愛します。
人口光源の多い夜景を撮る場合、光源の黄色さが気になるのですが現像段階では、どう調整しても黄色くなり過ぎてしまい見栄えが良くありません。
色温度を下げれば他が青っぽくなるので、これも不自然です。
だいたい日没後、10分から15分が勝負なのですが今回は現場に到着したのも30分以上経っていました。これではどうしようもありません。撮るだけ無駄な感じでした。

いそいそと今夜の宿泊地、道の駅へ向かいます。
今回も道の駅吾妻渓谷です。(表記はあがつま渓谷)ここは夜静かですし源泉掛け流しの温泉もあります。今回3度目ですが相当気に入りました!!


さて翌日ですが今日中に帰らなければならず本来は草津温泉方面に行きたかったのですが天気も悪く渋滞も早く発生しそうでしたので近場で何処か探しましたところ、以前変電所のオーダーがあったのを思い出しました。

場所は確認出来たのですが翌日行ってみると実際の場所が分かりません!!

ガソリンスタンドで聞いてみたら親切に誘導して頂きました!!

有難いことですね。



_MG_9264のコピー.jpg


ここも相当数撮りました。しかしながら天気が今一つで日差しが差して撮影出来たのは数枚となってしまいました。

先ほどのガソリンスタンドに戻りお礼をし給油しました。(笑)


帰りは良そうを超える渋滞で関越自動車道は概ね15時から渋滞が始まるのですが12時台で渋滞が始まっていました。

寄居PA付近では坂戸西スマートインターチェンジ付近で渋滞2kmでしたが僅か10分ほど休憩している間に渋滞30kmと一気に伸びてしまい花園ICで下りてしまいました。

再び鶴ヶ島で高速に乗りましたが帰宅は大幅に遅くなってしまいました。(><)


次回は近場をちょこちょこ撮影する予定です。


最近思うことはミラーレスに慣れてしまって5DMarkWの一眼レフカメラは面倒に感じるようになりました。

ミラーアップ(実際はライブビュー)が面倒でミラーレスカメラは即座に撮れますし露出はファインダー内で確認出来るので瞬時に撮影出来ますね。

EOS R5も画素数と金額を除けば魅力を感じるようになりました。(笑)



CANON EOS RP

RF24-105 F4.0L IS USM 

Canon5DMarkW
EF24-70mm F2.8L II USM 

posted by シロスケ at 21:08| Comment(0) | ロケ地